Dernière demeure de France Clidat

 

C'est bientôt la Toussaint.


Aujourd'hui, je vous présente la tombe de mon cher Maître France Clidat.
Elle est au cimetière du Père Lachaise à Paris, pas très loin celle de Frederic Chopin, et près de celle de Milosz Magin (un autre compositeur et pianiste polonais).

France Clidat était une très grande pianiste française. Elle a donné plus de 2700 concerts partout dans le monde et a enregistré une cinquantaine de disques.

 

J'ai eu la chance de travailler avec elle depuis mon arrivée en France en 1999. Elle m'a appris énormément sur la technique pianistique et sur l'interprétation, mais surtout, elle m’a poussée à utiliser le plus possible mon imagination, tout en restant fidèle au texte. La chose peut-être la plus importante qu’elle m’a enseignée, c’est d’être moi-même, c’est à dire de trouver ma vérité et de chercher la meilleure solution pour l’exprimer.

 

C'était une personne très cultivée. Pour moi, elle était un art vivant.  Elle avait une présence incroyable, et beaucoup de charme. Elle était naturelle, sincère, généreuse, mais aussi directe et franche. Et elle savait aimer : Elle aimait les autres, elle aimait rire, elle aimait manger, elle était curieuse de tout, bref, elle aimait vivre !

 

Elle a poursuivi sa carrière de concertiste malgré la maladie. Souvent, pendant les dernières années, elle préférait jouer plutôt que de se soigner. Et elle a continué jusqu’à ce qu’elle ne puisse plus se lever. Cela me fait penser à la dernière phrase qu’elle m’a dite : « Battez-vous comme je me suis battue. ». Pour elle, le piano était plus important que la vie.

 

Quand on parle de France Clidat, on est quasiment obligé de parler de Franz Liszt. Car c'était son compositeur préféré et le monde entier la connaît pour ses interprétations lisztiennes. Elle a gagné le prix Liszt au concours Liszt à Budapest. Elle a enregistré la première intégrale des œuvres originales de Liszt. C'est Bernard Gavoty, un célèbre critique, qui l’a appelée Madame Liszt après un récital Liszt au théâtre des Champs Elysées. Liszt par France Clidat, c’est l’élégance, la puissance, la souplesse et l’aisance technique.

 

L'intégrale de l'oeuvre pour piano

 

A la fin du mois, son premier enregistrement des 4 pièces pour piano et orchestre  de Liszt va paraître chez Universal.

 

Pour le commander...

 

 

 

写真は、私の恩師、フランス・クリダ女史のお墓です。パリのペールラシェーズ墓地にあり、彼女はフレデリック・ショパンの近く、ミロシュ・マギン(マギンもポーランド人作曲家、ピアニスト)のすぐ傍に眠っています。

フランス・クリダはとても偉大なフランス人ピアニストでした。世界各地で2700回以上の演奏会をし、50以上のレコード、CDを録音しました。

私は1999年に渡仏してから、フランス・クリダが亡くなる直前まで彼女と勉強するという幸運に恵まれました。ピアノのテクニックについて、演奏について、解釈について、たくさんのことを学びましたが、特に、常に楽譜に忠実でありながら自分のイマジネーションを最大限に使うことを教えてくださいました。おそらく、教えていただいたことの中で一番大切なことのひとつは、「自分自身であること」、つまり、自分自身にとっての真実を見つけ、それを表現するための最高の方法を探すということです。

驚くほどに深い教養を持つ彼女は、私にとってまさに「生きる芸術」でした。とても強い存在感の持ち主でありながら、本当にチャーミングな方でした。自然で、誠実で、寛大で、率直。そしてまた彼女は愛することを知っていました。人が好きで、笑うことが好き、食べることが好き、すべてのことに好奇心が旺盛で、つまり生きることが好きだったのです!

病に冒されながらも演奏家としてのキャリアを続け、晩年には治療よりも弾くことを選ぶことがよくありました。そしてもう起き上がれなくなるまで演奏することを続けました。このことは、フランス・クリダが最期に私にくださった言葉を思い起こさせます。「私が闘ったように、あなたも闘いなさい」
彼女にとって、ピアノは人生より重要なものだったのです。

ピアニスト、フランス・クリダを語るとき、フランツ・リストについて触れなければなりません。リストは彼女の一番敬愛する作曲家であり、フランス・クリダはそのリストの演奏で世界中から知られているからです。ブダペストのリストコンクールでリスト賞を受賞し、世界で初めて、リスト・オリジナルピアノ作品全集を録音しました。著名な批評家、ベルナール・ガヴォティは、パリ・シャンゼリゼ劇場でのリストプログラムリサイタルのあとフランス・クリダを「マダム リスト」と評し、以来ずっと彼女はそう呼ばれてきました。フランス・クリダによるリストは、エレガントで、強く、また柔らかく、自在で自然なテクニックによって奏でられ、聴くものを魅了します。

 

リスト全集はこちら



今月末、リストのピアノとオーケストラのための作品集(彼女の一番最初の録音)がユニバーサルより発売されます。日本でも、近く発売されることと思います。