Récital à Saint Pierre de Jards (Le 9 août 2014)

 
    Ce concert a été réalisé grâce à une personne, née dans cette région, qui vient m’écouter chaque fois que je joue à Paris. L’église était très charmante et avait bonne acoustique. Ce soir-là, c’est un magnifique Steinway qui m’a accompagnée.
 
Le programme était:
 
Schumann  Arabesque 
Grieg           Holberg-suite
Liszt            2ème ballade

Chopin       Impromptu n°1

                 Fantaisie impromptu

                 Mazurka opus 17 n°4 

                 Scherzo n°1 

Gottschalk  The banjo

                 Souvenir d'Andalousie

 

 

C’était un récital commenté. J’aime beaucoup faire cela car j’ai l'impression que je peux partager encore mieux ces instants de musique avec le public. Merci de tout mon coeur à tous ceux qui ont organisé ce récital, et aussi à tous ceux qui sont venus m’écouter. 
 
 
Le concert est une précieuse occasion pour que nous puissions rêver et vivre ensemble un moment de magie. Encore toute mon admiration et mes remerciements à l’organisatrice et à son mari qui donnent beaucoup pour la réalisation de ces moments.
 
Je garde de merveilleux souvenirs de cette soirée.
 
 

フランスの中央にあるIndre地方で演奏しました。

 
毎回パリでの演奏会にいらしてくださる方が、ご自分の生まれた家のあるこの地方でも演奏してほしい、と動いてくださって実現したコンサートです。
 
響きの良い素敵な教会で、この場所にぴったりのスタンウェイが運ばれました。
 
プログラムは
 
シューマン   アラベスク
グリーグ    組曲「ホルベルグの時代から」
リスト     バラード2番
ショパン      即興曲1番
        幻想即興曲
        マズルカ 作品17−4
        スケルツォ 1番
ゴットシャルク バンジョー
        アンダルシアの想い出
 
 
作曲家や曲のエピソードをお話しながら演奏させていただきました。会場にいらっしゃる方々とこの音楽の時間をさらに共有できる気がして、私はトークコンサートが好きです。
 
主催してくださった方、そしてお手伝いくださった方、聴きにいらしてくださったみなさんに心から感謝いたします。
 
コンサートは、夢を見ることができ、魔法の時間を共に過ごすことのできる貴重な時間であると思っています。このような機会をこの場所で実現するために働いていらっしゃる方々とお会いし、敬愛の念を抱きました。
 
大切な想い出がまたひとつ増えました。